誰にも言っちゃあいけないよ

いろいろな感想を書くブログ。ツイッターより言葉の選び方がキツいので注意。

キラーチューンキラー

ブログはだいぶ久しぶりの更新になりました。

まだこのブログを読み続けてくれている方がいたら、本当にありがとうございます!!

たいしたことも喋れませんが、気が向いた時に続けていこうと思っているのでこれからもよろしくお願いします。

 

さて、元々このブログは予想外の方向で始まりました。

neverland-glitter.hatenablog.com

これを言うと、ここから先話すのが誠に申し訳ない限りなのですが、本腰を入れてプロデューサーになってからようやく1年が経過しました。

そして、運よく、先日の3rd福岡公演で初めての現地参戦を果たすことができました。

今日の本題は、そんな福岡公演での思い出です。

※ここから先はかなり個人的なお話・主観思いこみ満載なので、やめた方が良いと思った方は自分のタイミングでページを閉じてくださいね!

 

福岡公演のチケット発券日だったキラフェス2日目。友人とそわそわしながらレッツ発券ガチャ!

すると、友人が震えながら私のところに戻ってきました。

f:id:dgs-hiroshi:20180326235223j:plain

そうです、一列目だったんです。 

さきほど載せたブログには声豚視点としての演者さんの感想しか述べてませんが、私は自分の人生を変えてまで自身の信念を貫く姿に惹かれて硲先生のプロデューサー*1をしています。

福岡公演は、9割予想で硲さん、つまり彼を演じる伊東健人さんがセンター・MC・ソロ・ラストコーラス確定といわれていた公演。このチケットを見た時から「福岡に行く意味がありすぎる…」と思って、毎日毎日楽しみにしていました。

 

そして、いざ当日。

現地に行かれた方、ライビュで見ていた方はわかると思うんですが、今回のステージは30番~100番ぐらいまでの幅しかステージがないんです。

私達の目の前にステージはなく、あったのは黒くて大きい仕切り。

とはいえ、背が小さい自分にとって、全面アリーナの会場でなんの遮りもなく*2ステージが観れたのはとても楽で、演者さんも当然近くて!


あまりに緊張しすぎちゃって、OP映像でS.E.Mのキャラ絵が出てきてから手先がめちゃくちゃ冷えてしまい*3、伊東さんがセンターに立っていたReason!!は、ずっと手の震えが止まらなかったことしかもう覚えていません。(笑)

私は普段イベントやライブに参加しても冷静オブ冷静マンの心が冷めきったクソサイコパス人間なので、そういう場所に行ってもあまり感情の起伏が激しくないんですが(感動はします!)…正直、こんな経験は初めてしました。

 

そこから先はもうずっと楽しくて!

上に書いた通り、ライブ中もどこか冷めてる自分がいるのがデフォなので、こんなに時間を忘れてずっと楽しいライブも初めてで、その時点で、既に「これは一生思い出に残るライブになったな…」と思っていました。

 

でも、ここで終わらなかった。

 先ほども話しましたが、私たちの目の前は黒幕と黒の仕切りで埋めてありました。(詳しくは画像の1コマ目参照)

それは、ライブも中盤が過ぎ、恒例の共通衣装チェンジの前の映像をぼけっと見ていた矢先、ずっと通路の前にあった仕切りがあいて、機材のレールも片付けられ、目の前の仕切り裏から3台のトロッコがやってきました。

私たちの目の前がステージじゃなくて仕切りだったのはこれのためか~~!仙台ライビュ参戦済だからおじさんわかるよ!もふもふが今から目の前を通ってくれるんだな!?と思い、ペンラの色を変えようとした瞬間に照明がついた。

f:id:dgs-hiroshi:20180327002627j:plain

f:id:dgs-hiroshi:20180327002915j:plain

f:id:dgs-hiroshi:20180327002946j:plain

f:id:dgs-hiroshi:20180327003025j:plain

 そろそろ結構な回数の声優さんのイベントに参加してきましたが、ずっと客席に埋もれるように生きてきたので、いわゆるファンサや、今確信的に目が合った!という感じの体験をほとんどしたことがなく……

今回もあまり信じ切れなかったのですが、あとから友人に聞いたら「めっちゃそっち見てるなと思った(笑)」と言ってもらえたので、今回は信じてもいいのかな…と思うことにしました。*4

 

真偽は円盤が出ないとわからないし、もしかしたら機材のカメラを見ていたのかもしれないし、私以外の誰かを見ていたのかもしれない。はたまた、「コイツ大丈夫かな…」という意味でガン見されていた可能性は~~無限大さ!!!!!はっはっは!!!!!当日着てたTシャツの色ギラッギラのシルバーだからな!!!!

 

でも、とりあえずは一生の思い出として胸にしまっておこうと思います。

 

他にも、様々な私的な事情によって、この日の公演は忘れられない宝物になりました。

 

一年前にあげたブログで、結構な数の反応を頂戴し、結構な数の通りすがりの先輩Pさんたちに「おいで?(沼に)」と呼びこんでもらえたからこその福岡公演だったと思います。あの時、門を叩くハードルを低くして出迎えてくれた方々には改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました…!

 

こんな日数もまだまだ全然足りない駆け出しPが、なんとも申し訳ない内容のブログを更新していて恐縮するばかりですが…どうか「ほお~ん、伊東さん目力やべえな~?」ぐらいにとどめていただけたらと思います。

 

その後の道夫ソロについては書かないんだと思ったでしょ?

記憶がねえんじゃ~~~!(ノブの声で)

 

※追記:タイトルは空想委員会から。

 

 

 

 

 

 

*1:正確には柏木くんと古論さんも

*2:機材カメラの遮りと、出べそは見えませんでしたが

*3:榎木淳弥かよと一人でツッコんだけど余計に冷えた

*4:あと、全面アリーナの一列目&たまたま本当に伊東さんの目の前にいた&服装がわかりやすくせむ担だった&光線銃ポーチを持っていた…あたりからも自分かなと思った